ryoblog Written by ryo

アフィリエイトの種類を3年目ブロガーが解説|自分にあった方法で稼ごう!

Affiliate

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悩む人「アフィリエイトの種類がしりたい。自分にあった方法ってどうやって決めるの?経験者の人おしえて!」

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • 集客で分けるアフィリエイトの種類3つ
  • 媒体で分けるアフィリエイトの種類3つ
  • 商材で分けるアフィリエイトの種類4つ
  • 自分に合ったアフィリエイトの選び方

この記事を書いたぼくは、歴3年のブロガーです。これまで、色々な分野のアフィリエイトに挑戦してきましたので、内容の信頼性につながるはず。

さて、今回はアフィリエイトの種類について解説します。

本文の情報量が結構あるので、前置きはなしで進みましょう!

本記事の目次

集客で分けるアフィリエイトの種類3つ

集客で分けるアフィリエイトの種類3つ

アフィリエイトの種類には、集客方法によって大きく分けることができます。中学生でも理解しやすいように、以下の3つのアフィリエイトの種類について、簡潔な解説をしていきます。

1. ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトは、アフィリエイト広告を自分のブログに掲載し、ブログの訪問者がそのリンクをクリックして商品を購入したりサービスに申し込んだりすることで報酬を得る仕組みです。

ブログは文章を書くことが好きな方や、専門知識を持っている方にとっては適したアフィリエイト方法になります。

自分の得意分野や興味を持っている分野に特化したブログを運営することで、集客力を高めることができるでしょう。

2. SNSアフィリエイト

SNSアフィリエイトは、主にSNS(ソーシャルネットワークサービス)を活用して行うアフィリエイト手法です。

Facebook、Instagram、TwitterなどのSNS上で、自分が紹介した商品やサービスのリンクをシェアし、購入や申し込みが行われると報酬が発生します。

特に若い世代には人気で、自分の発信力やコミュニケーション能力を活かしたい方に適しています。

ただし、SNSの仕組みを理解し、適切な情報発信を心掛けることが重要です。

3. メールマガジンアフィリエイト

メールマガジンアフィリエイトは、読者に定期的にメールを送信し、その中で商品やサービスを紹介することで報酬を得る手法です。

自分が培ってきた信頼性や専門知識を活かし、読者に有益な情報を提供することが大切です。

メールは直接的なコミュニケーションが可能なため、ファンを獲得しやすい傾向があります。しかし、スパムメールとして受け取られないよう注意が必要です。

以上のように、集客方法によってアフィリエイトは大きく異なります。自分の得意な分野や興味を持っている分野に合わせて、適切なアフィリエイト方法を選ぶことが成功のカギとなります。

媒体で分けるアフィリエイトの種類3つ

媒体で分けるアフィリエイトの種類3つ

媒体によってもアフィリエイトの手法は異なります。以下では、媒体によって分けられる3つのアフィリエイトの種類について解説します。

1. ウェブサイト向けアフィリエイト

ウェブサイト向けアフィリエイトは、自分が運営するウェブサイトやランディングページを活用して商品やサービスを紹介し、そこからの成果に応じて報酬を受け取る方法です。

具体的には、バナー広告やテキストリンクを設置し、訪れたユーザーがリンクをクリックして商品を購入すると報酬が発生します。

ウェブサイトの訪問者を増やすSEO対策やコンテンツ制作が重要なポイントとなります。

2. モバイルアプリ向けアフィリエイト

モバイルアプリ向けアフィリエイトは、スマートフォンアプリ内で広告を表示させ、ユーザーがその広告をタップしてアプリ内での行動(例:アプリ内課金、新規登録など)を起こした際に報酬を受け取る方法です。

アプリ開発者やモバイルアプリの利用に詳しい方にとっては魅力的な選択肢となります。

ユーザーエンゲージメントを高める工夫やターゲティングが成功の鍵となります。

3. 動画プラットフォーム向けアフィリエイト

動画プラットフォーム向けアフィリエイトは、YouTubeなどの動画投稿サイトを活用して行われるアフィリエイトです。

動画内で商品やサービスを紹介し、リンクをクリックして購入や申し込みをしてもらうことで報酬が発生します。

視覚的な表現が可能なため、クリエイティブなアプローチが求められます。また、動画の視聴者とのコミュニケーションを大切にすることが成功のポイントです。

以上のように、媒体によってもアフィリエイトの手法は異なります。

商材で分けるアフィリエイトの種類4つ

商材で分けるアフィリエイトの種類4つ

商材によってもアフィリエイトの手法やアプローチは変わってきます。以下では、商材によって分けられる4つのアフィリエイトの種類について解説します。

1. 物販アフィリエイト

物販アフィリエイトは、主に商品を紹介し、その商品が購入された際に報酬が得られるアフィリエイトです。

自分が実際に使用した商品や興味を持っている商品を紹介することで、説得力が増します。

Amazonなどの大手ECサイトのアフィリエイトプログラムを活用することが一般的です。商品の特徴や使い方を分かりやすく伝えることが重要。

2. サービスアフィリエイト

サービスアフィリエイトは、Webサービスや会員制サービスなどの紹介を行い、その成果に応じて報酬を得るアフィリエイト方法です。

特にSaaS製品(Software as a Service)の普及に伴い、サービスアフィリエイトの重要性が増しています。

自分が実際に利用したことのあるサービスを紹介し、具体的なメリットを説明することがポイントです。

3. 情報教材アフィリエイト

情報教材アフィリエイトは、自分が専門的な知識を持っている分野の教材や情報商材を紹介するアフィリエイトです。

自分自身が経験や実績を持つ分野の情報教材を紹介することで、信頼性が高まります。

情報教材の特徴や内容を具体的に解説し、読者が得られるメリットを明確に伝えることが重要です。

4. アプリダウンロードアフィリエイト

アプリダウンロードアフィリエイトは、スマートフォン向けのアプリを紹介し、そのアプリをダウンロードしてもらうことで報酬を得るアフィリエイト方法です。

特に若い世代に向けて効果的な手法であり、ゲームアプリや便利なツールアプリなどが対象となります。アプリの特徴や面白さを伝えることが重要です。

自分に合ったアフィリエイトの選び方

自分に合ったアフィリエイトの選び方

アフィリエイトは様々な方法がありますが、自分に合ったアフィリエイトを選ぶことが成功への近道です。

以下では、自分に合ったアフィリエイトを選ぶためのポイントを解説します。

1. 興味を持っている分野を選ぶこと

アフィリエイトは長期的な取り組みが求められるため、自分が興味を持って取り組める分野を選ぶことが重要です。

趣味や特技、専門知識がある分野であれば、継続して取り組むモチベーションが持続しやすくなります。

2. 自分の得意な媒体を活用すること

ウェブサイトやSNS、動画など、様々な媒体でアフィリエイトが可能です。

自分が得意な媒体を活用することで、効果的な情報発信ができます。

また、コンテンツ制作が得意な場合はブログや動画、コピーが得意な場合はメールマガジンなどに注力すると良いでしょう。

3. ターゲットユーザーを考えること

どのようなユーザーに向けて情報を発信するかを考えることが重要です。

ターゲットユーザーのニーズや興味に合わせたコンテンツを提供することで、より効果的なアフィリエイトが可能となります。

4. 報酬の仕組みを理解すること

各アフィリエイトプログラムは報酬の仕組みや支払い条件が異なります。

報酬の仕組みを理解し、自分の目標に合ったプログラムを選ぶことが重要です。

成果報酬型のプログラムや定額報酬型のプログラムなど、自分のビジネスモデルに合ったものを選びましょう。

5. 成果を分析し改善すること

アフィリエイトは試行錯誤が必要な取り組みです。

成果をしっかりと分析し、改善点を見つけて次のアプローチに活かすことが成長に繋がります。成果を上げるためには、コンテンツやプロモーションの改善が欠かせません。

自分に合ったアフィリエイトを選び、着実に成果を上げるためには地道な努力が必要ですが、分かりやすい解説や具体的な情報提供が成功へのカギとなります。

まとめ:悩むより行動が大切です

まとめ:悩むより行動が大切です

今回は、アフィリエイトの種類について解説しました。

めちゃめちゃ種類があるので、迷う人多いかなと思いますが、ぶっちゃけその時間がもったいないです。

まず始めてみて、自分に合わなかったら別のものをトライする意識が大切。やらないと稼げませんよ。

アフィリエイトの始め方は【初心者向け】アフィリエイトの始め方・やり方を3ステップで解説を参考にしてみてください。

では、今回は以上です。

人気記事【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法

人気記事【再現性あり】アフィリエイトで月1万円の稼ぎ方9ステップ