ryoblog Written by ryo

プログラミングの独学は無理じゃない【200〜300時間の学習で取得】

PROGRAMMING

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悩む人「プログラミングを独学しようとしてるけど、やっぱり無理なのかなぁ。調べるとスクールはあるみたいだから、お金払って学ぶべき?完全初心者だけど、どう始めれば良いかな?」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • プログラミングの独学は無理じ3ヶ月ゃない【勘違いが多い】
  • プログラミングの基礎学習時間は3ヶ月がおすすめ
  • プログラミングで稼いでる人は100%独学してます

この記事を書いている僕は、完全に独学でプログラミングを学んでいます。最近は、プログラミング知識を活かしてWordPressテーマを好みのデザインにカスタムするのにハマり中です。

よく独学と調べると、「ムリだ」とか「やめとけ」という言葉を見かけますがそんなことはありません。本文でも解説しますが、プログラミングで稼ぐ人は100%独学をしてます。

というわけで今回は「プログラミングの独学ってムリかなぁ」と考える人向けに、経験に基づいたアドバイス的なものをお話しできたらと思います。

3分ほどで読める内容となってますので、参考にしてみてください。

本記事の目次

プログラミングの独学は無理じゃない【勘違いが多い】

プログラミングの独学は無理じゃない【勘違いが多い】

「独学は無理だから、プログラミングスクールに通うべきだよ」は、よくある勘違いです。

そもそもスクールは「助力」です

基本的に、〇〇スクールって学習のサポートをしてくれる場です。

学生時代に塾に通っていた人はイメージしやすいと思います。あれって、学校の授業で遅れたとか理解を深めたいとか、そういった目的で通いますよね。つまり、助力です。

プログラミングスクールも同じでして、月額を払うと「プログラミング学習をサポート」と「学習する場の提供」を受けられます。

プログラミングの独学は効率が悪いか?

結論から言うと、人によります。

というのも「塾に通っている人=頭がいい」ってわけじゃなかったですよね。学校の授業を受けるだけでテストで高得点の人もいたはず。

なので、「お金があるならスクールに課金するのもありかな」と思います。

スクールは、2ヶ月で15万円くらいかかりますので、投資対象としてはコスパ良い方です。例えば、普通自動車の免許取得もこのくらいの費用でした。プログラミングの場合は、スキルを学べば仕事をとれるので回収可能です。

将来への投資なら良いかなと思う人向けの記事

※上記の記事は、Web系のプログラミングを中心に書いてます。

プログラミングの基礎学習期間は3ヶ月がおすすめ

プログラミングの基礎学習期間は3ヶ月がおすすめ

プログラミングは3ヶ月くらいで200時間〜300時間くらい学べば良いかなと思います。

上記は残業ゼロのIT会社で有名な「米村さん」のポストでして、300時間程度でプログラマーに向いてるか否かを判断できるとのこと。目安として時間はこのくらいで考えてみてください。

半年間かけて学ぶのはナンセンスです

学習期間を半年とかに設定するのは長すぎると思います。やるなら、短期間でガッツリ学んじゃいましょう。

実際に、プログラミングスクールも1ヶ月〜3ヶ月の期間に設定されていることが多いです。

大切なのは学んだ後になります。「プログラミングを学ぶこと」がゴールじゃないのを理解して、学習期間を設定しましょう。

プログラミングを学ぶときには周りの環境も大切

多くのプログラマーは、「学べる環境に身を置く」ことが大切といいます。

上記のとおり。憧れるエンジニアを見つつ、給料や働き方をイメージできるのは学習のモチベにもつながります。「マナブさん」はIT企業に飛び込んでいますが、SNSとかでも良いと思ってます。

プログラミングの独学で大切なのは「学習の後」です

プログラミングの独学で大切なのは「学習の後」です

プログラミングの知識は時間をかければ身につきます。

大切なのは学習の後でして「仕事レベル」まで到達する必要があるのですが、「いきなり個人受注は怖い、、、」と思いますよね。しかし、そのレベルを目指さなければ次のステップにはいけません。

とばいえ怖がる必要はなくてココナラクラウドワークスに登録すれば、個人でも受注できる仕事が大量にあります。

個人でやるのが不安なら「未経験OK」の記載がある会社に入るのもありです。そして、面接の時に「仕事を通してプログラミングを学びたい」という気持ちを伝えましょう。

プログラミングで稼いでる人は100%独学してます

プログラミングで稼いでる人は100%独学してます

プログラミングで稼ぎたいなら、独学をしましょう。

仕事レベルのプログラマーも日々学習を続けていまして、イメージは次のとおりです。

エンジニアが独学する理由

  • 8割くらい作り方をイメージできる仕事を受ける
  • 8割作り終えたら、残りはググりつつ独学
  • 案件を受けるたびに20%は独学する感じ

ざっくりと上記のイメージになります。

要するに、完璧にプログラミングを理解してる人はほぼいなくて、仕事を受けつつ独学で学んでいます。多分、どの業界でも同じことがいえるはずです。

プログラミングスキルは資産化する

「プログラミングの独学は無理」という意見もありますが、気にしなくてOKです。

ぶっちゃけ、時間をかければご飯が食べられるレベルには成長できるので、まずは200〜300時間くらい基礎学習をしてみるのがオススメです。その後、「学べる環境」に身を投じましょう。

完全初心者でも、この方法なら上達できるはず。

プログラミングスキルは資産化するので、会社員をやりながら独学して、フリーランスを目指すもありです。

ひとまずは「プログラミング学習を始めること」を最優先にしましょう。迷ってる時間は何も生み出さないので、お金があるならスクール課金。ないなら独学でトライしてみてください。

では今回は以上です。

将来への投資なら良いかなと思う人向けの記事

人気記事【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法

人気記事【再現性あり】アフィリエイトで月1万円の稼ぎ方9ステップ