Ryoblog Written by ryosei

【検証】NFT胡散臭いは勘違い|実際に取引した例を公開【写真付き】

NFT

悩む人「NFTで稼げるとか怪しんよね…。正直、胡散臭いなと思っているのですが、実際はどうなの?本当に稼げるのなら、ちょっと興味あるなー。」

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • 【実例】NFTを実際に取引してみた
  • NFTが胡散臭いと言われる理由
  • 今からでもNFTで稼げるのか

この記事を書いた筆者は、2021年からNFTを取引しているコレクターです。ブログ歴も2年ありますので、記事の信頼性につながるかなと。

読者さんへの前置きメッセージ

そもそもNFTとは、「ブロックチェーン技術を用いて唯一性を証明できるデジタルデータ」です。(NFTの基礎知識はこちら

この記事では、NFT胡散臭いなと思う人へ向けて、その理由と筆者の取引記録を公開しています。

かなり有益な内容ですので、参考にしてみてくださいね(`・ω・´)ゞ

NFTが胡散臭いと言われる理由


次のとおり

  • その①:NFT詐欺がある
  • その②:アナログ的な価値観が強い
  • その③:NFTを過剰に広告する人がいる

その①:NFT詐欺がある

NFTを始める場合、詐欺の被害にあう可能性があります。

なぜなら、新しい技術ゆえに、法的設備がガバガバだから。

実際にTwitterでは、詐欺にあったと報告する方もいます。

こんな感じですね。

特に「Jackson」さんは、被害にあった状況を詳しく説明していますので、目を通してみてください。事前に知っておくと、対策を練ることができます。

NFTで詐欺報告があると、参入前の人は「胡散臭い」と不安になりますね。

その②:アナログ的な価値観が強い

アナログ的な価値観を持っている人ほど、胡散臭いと感じてしまいます。

なぜなら、NFTはデジタルなので、現物のないものに価値をつけているからです。「形ないものなんて信じられん。」って人、多いですよね。

例えば、仮想通貨も同じで、現金として所有できない不安からネガティブイメージが付けられています。ぶっちゃけ、これは時代ですよね。

初めから仮想通貨を知っていれば、「 デジタル資産 = 当たり前 」と感じるので、アナログ的な価値観は、時代の流れで消えていくでしょう。

その③:NFTを過剰に広告する人がいる

NFTの過剰広告により、胡散臭さが倍増しています。
なぜなら、うまい話ほど信じられないものは無いからです。

例えば、下記のような表現。

  • NFTを始めれば誰でも稼げる!!
  • NFTを始めないと人生損する
  • NFTを始めたら100万円稼げた

このような過剰広告によって、賢い人はNFTを避けるようになってしまいます。YouTubeの脱毛広告とかも怪しいですよね。「この動画をみたあなたはラッキーです!」みたいな。

うまい話しを人は疑いますので、過剰広告をしている人を見ると、胡散臭いな〜。と感じてしまいます。

以上がNFTの胡散臭い理由です。
ここで、「実際のところはどうなの?」と気になる人に筆者の実体験を紹介します。

【実例】NFTを実際に取引してみた

結論から言いますと、NFTは稼げます。

結論から言うと、NFTは稼げます…ソースは僕。
つぎ更新する記事で、写真と流れを公開する予定です。
しかし、「必ず稼げる」は間違い。
Twitterでたまに過剰広告している人がいますが、あれは胡散臭くて、信じられませんよね😇NFTは稼げるが、ある程度の時間とスキルは必要です。

NFTの購入には10,000円~必要

初期費用は10,000円~必要です。

費用の内訳は次のとおり。

  • ウォレットへの送金手数料:1,700円
  • NFTの価格:1円~
  • NFT購入時の手数料:8,000円

こんな感じで、ほとんど手数料に持っていかれました(-.-;)

ちなみに、実際に購入した作品はこちら。

0.04ETHなので、12,000円くらいでした。ETHのチャートはこちらを見ると分かりやすいです。

NFTで稼ぐために行ったこと

  • Twitterアイコンに設定
  • クリエイターを応援
  • NFTについて発信

NFTで稼ぐためには、所有するNFTを売るしかありません。(※NFTゲームは除く)

なぜなら、NFTを購入したからと言って、稼げないからです。

×「NFTを購入=稼げる」
○「NFTを購入 ➡ NFTを売る ➡ 稼げる」

上記はよくある勘違いですね。「購入するだけで儲かる」なんて、上手い話はありません。現実はNFT取引による利益で儲ける流れになります。

所有するNFTの価値が高まれば、利益を獲得できるので、クリエイターを人気にしたり、NFTをアピールして、少しづつ価値を高めていく必要があります。

offreが来たら取引する

所有するNFTを取引したい人(offreをくれた人)がいたら、売ってあげましょう。※提示価格によっては拒否してOK

ぼくの場合は、購入してから3ヶ月ほどでoffreが来ました。

上記の通りですね。

0.145ETH-0.04ETH=0.105ETH(40,000円)

売れば、+40,000円の利益が獲得できます。運もありますが、これは驚きでしたね。(諸事情により取引できなかったのが残念です…(T . T) )

結果、NFTは稼げると言えます。
実例なので、信頼はできるかなと。

※必ず稼げる訳では無い

ただ注意として、誰でも稼げる訳ではありません。

「NFTを購入する ➡ 価値が高騰する ➡ NFTを売る」

上記の流れですので、価値が上がらなければ売れません。誰かが「欲しい!」と思わなければ売れません。当たり前のことですが、勘違いする人が多いので。

NFTを始めるなら、その点はしっかり理解しておくべきでしょう。くり返しで申し訳ないですが、必ず稼げる訳ではありません。

今からでもNFTで稼げるのか

結論から言いますと、稼げます。
なぜなら、まだまだ参入者が少ないから。先行者有利の世界です。

NFTで稼ぐ為にやるべきこと

次のとおり。

  • まずはNFTを始める
  • 高額投資はしない
  • すでに人気の作品を購入する

NFTを始めなければ、まず稼げません。ぶっちゃけ、詐欺対策さえすれば、楽しく取引できる業界なので、興味があるなら挑戦すべきかと。

ただ、初めから高額投資はNG。価値の上がる作品は分かりませんので、10,000円くらいで始めるのを推奨します。

NFTを始めるなら早めがいい

NFTに興味を持っているなら、早めに始めましょう。
なぜなら、先行者有利の業界と言われているから。

実例として、「クリプトパンクス」呼ばれるNFTアートを見てみましょう。

初期にNFTを始めてた人は、無料配布などで獲得していた作品ですが、今では1枚3,000万円以上の値で取引されています。家が購入できますね汗

このように、早く始めた人は価値が上がる前の作品を購入できるので、始めるなら早めのほうが良いでしょう。

まだまだ参入者は少ない

まだまだ参入者は少ないので、始めるなら今がチャンス。
実際の調査データがありますので、ご覧ください。

上記のとおり。
NFTに対して「胡散臭い」と考える人が圧倒的に多いので、普及するのはもう少し先になりそうです。

まとめ:NFT胡散臭いはそもそも間違い

本記事の内容をまとめると、次になります。

  • NFT詐欺師はいる
  • NFT自体は胡散臭くない
  • 稼げるが必ずではない

NFT胡散臭いは、「本当に稼げるの?」という疑問からくる不安です。なので、NFTそのものを怪しむのはお門違いとなります。

胡散臭いのは「ゼッタイ稼げるよ!」と公言する人たちなので、詐欺師への対策さえしてしまえば、楽しく取引できるでしょう。

安全なNFTの始め方

「NFT始めるの不安だな…。」という人のために、「【失敗しない】NFTアートの始め方まとめ|6ステップで完了【初心者向け】」で超詳しく解説しました。

失敗を避けたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(*´∀`*)

人気記事【完全版】NFTアートの始め方5つのステップを解説【2022年】