Ryoblog Written by ryosei

【何でもOK】NFTとして売れるものは?|3つの珍しい作品を紹介

NFT

悩む人「NFT初心者です!OpenseaでNFTが売りに出せるらしいのですが、具体的にはどんなものが売れるのでしょうか?実際に売られているものも見てみたいな。」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • NFTで売れるもの
  • 実際に売られている珍しいNFT
  • 何でも売れるが取引は難しい

この記事を書いているぼくは、2021年にNFTの世界に参入しました。当時は仮想通貨を避けている派の人間でしたが、流行に乗ってみまして今では実際に取引を経験しています。なので、記事の信頼性は高いかと。

NFTで売れるものは?

NFTで売れるものは?

結論、デジタルデータなら、なんでも売れます。なんでもというのは、本当に縛りがありません。

例えば、つぎの通り。

  • アート
  • 音楽
  • 動画
  • 写真
  • 土地
  • ゲーム
  • ドメイン

では、なぜNFTで売るものに縛りがないのか…。その理由はNFTの仕組みにあります。

そもそもNFTってなに?

NFTとは、「Non Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、ブロックチェーン技術を使った唯一のデータです。

データであれば、NFT化することができ、そのデータは唯一の存在になります。つまり、データならどんなものでも売ることができるんですね。

NFTについては、【初心者向け】NFTとは?注意点3つを含めわかりやすく解説を読めばさらに理解することができます。

ちなみに、NFT化できるデータの種類は下記のとおり。

画像、音声、動画、3Dなどなど、出品できないデータはありませんね。Openseaで実際に売られているものを見てみると良いですよ!

実際に売られている珍しいNFT

実際に売られている珍しいNFT

実際に売られている珍しいNFT

それでは、実際にOpenseaで売られているちょっと変わったNFTをご紹介します。あなたが出品するときの参考にしてみてください。

EtherRock(岩)

岩の写真

こちらの作品。
見たままで「ただの岩」です。

「EtherRock」というNFTアートで、2017年から100個限定で販売されていました。

驚くは取引された価格で、なんと400ETH(約1億5,000万円)で購入されています。意味わからん…(-.-;)

ゲーム(Axie Infinity)内の土地

Axie Infinityというゲーム内にある土地が、888.25ETH(1億7,000万円)で購入されました。

はい、理解できませんね(笑)
コレがNFTの世界です(^_^;)

Axie Infinityというゲームは、NFTゲームの中で最も人気でして、実際にお金が稼げることから日本ユーザーも結構います。

なお、Axie Infinityに興味がある方は下記の記事でご紹介してますので、よければどうぞ。
≫Axie Infinityの始め方|8つの手順を画像つきで解説

デジタルスニーカー

上記は「AIR SMOKE 1™」というバーチャルスニーカー。デジタルですので、実際に履くことはできません。

しかし、販売開始からわずか9分で完売したとのことです。価格は約124万円です。

ちなみに、有名ブランドの「NIKE」は、NFTに先乗りして「RTFKTスタジオ」というデジタルスニーカーを販売するメーカーを買収下とのこと。

何でも売れるが取引は難しい

何でも売れるが取引は難しい

デジタルアートであれば何でも出品できます。
しかし、何でも売れるとは言えません。

理由は、NFT購入者の多くは、最新のテクノロジーに興味を持った人か、エンジニアのどちらかと言われているから。

その人たちが興味を持たなければ、どんな作品を売りに出しても買う人はいないでしょう。

興味を持たれる作品は売ってみないとわからない

ぶっちゃけ、何が売れるかなんて誰にもわかりません。

例えば、下記のTweetを御覧ください。

小学生が無料アプリで書いたNFTアートが370万円で取引されました。先程紹介した「岩」や「デジタルスニーカー」など、どんな価値が付くのかはわかりません。

なので、とりあえず出品してみるのが良いかと。行動してみないと、結果はわかりませんので。

NFTの作り方・売り方

NFTの作り方・売り方

それでは、NFTの作り方と売り方をご紹介していきます。

NFTの作り方手順4つ

つぎの通り。

  • 手順①:My Collectionsをクリック
  • 手順②:Create a collectionをクリック
  • 手順③:コレクション情報を入力
  • 手順④:Createをクリックしてアップロード

NFTは、Openseaを使って作ることができます。

詳しい手順については、下記の記事を読めば理解できます。
≫【初心者向け】NFTアートの作り方|手順4つでわかりやすく解説

NFTの売り方手順3つ

つぎの通りです。

  • 手順①:アートを作成する
  • 手順②:Openseaで作品をNFT化する
  • 手順③:NFTアートに値段をつけて出品する

NFTを売るのも非常に簡単です。
しかし、使用する仮想通貨によって手数料がかかりますので、その点は注意しましょう。

なお、NFTを売る手順は下記の記事を御覧ください。
≫【簡単です】NFTアートの売り方|失敗しない3つの手順

NFTで売れるものについてよくある質問

NFTで売れるものについてよくある質問

それでは最後に、NFTで売れるものについて質問に回答していきます。

自分が作成したものでも売りに出せるの?

売りに出すことは可能ですが、著作物出ないものはNGです。

例えば、Googleでイラストを検索し、OpenseaでNFT化して出品はダメですよ。

しかし、互いの合意のもとであれば、問題ないと思いますので「作品を作るのが苦手…。」という方は、依頼してみるのもありですね。

イラストレーターを探すには「ココナラ」が便利ですので、ぜひ試してみてください。

NFTを作るにはお金がかかりますか?

いいえ。かかりません。

Openseaを使えば、だれでも無料でNFT化することができます。

手数料(ガス代)がかかります。大体5,000円〜10,000円程度ですね。

NFTを作るのにおすすめのアプリはありますか?

おすすめは下記の無料アプリです。

ちなみに、その①8bit painterで実際に作成したNFTアートが下記になります。

なお、NFTアートを作成する際は「iPad」がおすすめでして、プロのイラストレーターさんも使用してます。

価格は6万円くらいしますが、必要な初期投資として購入しましょう。

【悲報】この記事を読んだ97%は行動しない

今回は、NFTで売れるものについてご紹介しました。
この記事を読んだあなたは、少なからずNFTへの理解が深まったはずです。

97%の人は、ここで何もせずに終わってしまいますが、のこりの3%のあなたは、この機にぜひ行動してみましょう。

次の行動に繋がる記事は下記になります(*^^*)
≫NFTアートの買い方を6つの手順で解説|注意点3つ・口コミ

人気記事【完全版】NFTアートの始め方5つのステップを解説【2022年】