Ryoblog Written by ryosei

【調査あり】NFT値段設定はいくらが良い?|3つの戦略的手順で解説

NFT

悩む人「NFTの値段設定に悩んでいます…。どのくらいの値段が最適なんだろう?安くするのも稼げなさそうだし。売るための戦略的値段が知りたいな。」

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • NFT値段設定を決める手順
  • NFT市場を調査してみた
  • 悲報:値段を最適化しても売れません

この記事を書いているぼくは、2021年からNFT取引を経験していて、ブログ歴も2年になりましたので、記事の信頼性につながるかと。

※NFTの出品には口座開設が必要です

NFTを出品するためには、暗号資産取引所で口座開設が必要です。
理由は、取引時に仮想通貨を扱うから。

オススメの取引所は「コインチェック」です。
無料で開設可能なので、下記の記事を参考に開設してみましょう。»【無料】コインチェックの口座開設5ステップ|最短10分で完了

NFT値段設定を決める手順

次の通り。

  • その①:目標月収を設定する
  • その②:販売するブロックチェーンを決める
  • その③:市場の価格を調査する

その①:目標月収を設定する

まずは、目標を決めましょう。

理由は、目標月収から逆算してNFTの値段設定を行うからです。

これは、月10万円を稼いだ「おねんね」さんの値段設定方法でして、自分が納得できる額にするために必要手順です。

なお、注意点として高すぎる目標はNGです。

例えば、100万円稼ぎたい!となっても出品できる作品が2つだったら1枚50万円で売る必要がありますよね。当たり前ですが、まず売れません。

オススメは月5万円ですね。
現実的で目指しやすい。まずは目標設定をして、値段設定の最適化をしましょう。

その②:販売するブロックチェーンを決める

NFTの出品は、「ETH」「Polygon」のブロックチェーンから決めましょう。

それぞれの特徴をざっくり紹介しておきます。

  • ETH:ガス代がかかるが高値で売れる
  • Polygon:ガス代が無料で安価な作品が多い

オススメはETHです。
ガス代は初期のみなので、必要経費だと思えば安い。それよりも高値で売れるメリットが大きいので、こだわりがなければETHを選びましょう。

ETHとPolygonの深堀り記事

2つの通貨について聞き慣れない方は、「【必見】イーサリアムとポリゴンの違いは?|2つの仮想通貨を比較」を参考にすると、理解できるかもです。

仮想通貨はコインチェックで購入可能

なお、NFTを出品するための仮想通貨は「コインチェック」で購入可能です。

他にも仮想通貨が買える取引所があるので、開設している取引所でもOK。こだわりが無ければコインチェックを開設しましょう無料&最短10分なので、初心者でも問題なしです。

詳しい手順は「【無料】コインチェックの口座開設5ステップ|最短10分で完了」を御覧ください。

その③:市場の価格を調査する

最後に、市場価格を調査しましょう。
理由は、ずば抜けて「安い・高い」では売れないからです。

例えば、「ドット絵NFTアートを売りたい。」となったら、同じようにドット絵を出品するクリエイターをチェックするとわかりやすいです。

全ての作品を調査する必要はありませんので、3人くらいのクリエイターさんを参考にして、最終価格設定をしましょう。

NFTの取引はOpen sea一択

NFTの取引量が圧倒的に多いので、出品するならOpen sea一択かと。

価格の調査もOpen seaで可能です。
まだアカウント作成が完了していない方は、出品に必須作業なので、済ませておきましょう。»【初心者向け】Open Seaアカウントの作成手順3つを解説

NFT市場を調査してみた

個人的に推している下記のクリエイターさんの価格を調査しました。

  • ①:テンコさん
  • ②:imotoさん
  • ③:Azukiさん

①:テンコさん

テンコさんは、現在15体(20224月6日)の作品を出品していて、完売を達成しているクリエイターさんです。

ぼくも購入していて、キャッチーなデザインに惹かれました(*´ω`*)すでに、所有している作品にもOfferが来ているので、注目のクリエイターさんかと。

そんなテンコさんの作品は、「0.02ETH」と購入しやすい値段設定でした。ぼくが速攻で購入したのも、0.02ETHという値段が決め手でしたね。

たまに初めから1ETH で出品する人がいますが、まず買われることは有りませんので、ご注意を。

②:imotoさん

2人目は「imoto」さんです。
イケハヤさんに注目されていて、今では1つ1ETHで取引されている注目クリエイターです。

とはいえ、初期の販売価格は「0.01ETH」とやはり購入しやすい値段設定でした。

NFTの特徴として、二次流通時にも収益が獲得できることから、初期販売価格はそこまで高値にする必要はなさそうです(^O^)

③:Azukiさん

3人目は有名クリエイター「Azuki」さんです。
1つの作品に数千万円の価値が付くクリエイターになります。

そんなAzukさんも、当時の出品価格は「0.02ETH」でした。やはり、0.01〜0.02ETHが購入しやすく利益も獲得できることから設定する人が多いようですね。

悲報:値段を最適化しても売れません

残念ながら、NFTの値段設定を最適化しても売れません。
理由は、認知されていないから。

なので、価格設定が完了したら、次は「宣伝」に移りましょう。いわゆるマーケティングですね。

マーケティングさえ上手くできれば、多少高値な作品でも売ることができます。逆に、どんなに安くしても宣伝ができないなら一生売れることは有りませんので、必ず、学ぶべきスキルです。

「でも、マーケティングとか難しそう…。」と諦める人もいますが、ご安心を。ぶっちゃけ、本を読めばある程度のスキルは学べます。

独学にオススメのマーケティング本を紹介しておくので、参考にどうぞ。
※本にかかる費用はNFTを売ることで回収可能です。実質”無料”なので、必要経費としてポチりましょう。

マーケティングが学べる本

上記2冊で2,000円ほど。
NFTを0.02ETHで売れば8,000円なので、一発で元が取れます(^O^)

まとめ:NFT値段設定【後から最適化されます】

今回は、NFT値段設定について解説しました。
手順は次の通り。

  • その①:目標月収を設定する
  • その②:販売するブロックチェーンを決める
  • その③:市場の価格を調査する

「目標を設定→目標価格から逆算して値段設定→市場を調査→ずば抜けて高い・安いの問題がなければ完了」といった順で設定すれば、失敗はないかと。

また、値段設定の例として3人のクリエイターを紹介しました。

  • ①:テンコさん:0.02ETH
  • ②:imotoさん:0.01ETH
  • ③:Azukiさん:0.02ETH

どうしても値段が決まらない場合は、「0.01〜0.02ETH」で出品してみるのも有りかと。

NFT値段設定が完了したら出品してみよう!

出品手順は下記のとおりです。

  • 手順①:Open seaにログイン
  • 手順②:作品を選択しSellをクリック
  • 手順③:価格を設定して出品

詳しくは「【簡単です】NFTアートの売り方|失敗しない3つの手順」を御覧ください。

それでは、以上です。

人気記事【完全版】NFTアートの始め方5つのステップを解説【2022年】