Ryoblog Written by ryosei

【勘違い】NFTに価値はありません|これから参入する3つの理由

NFT

悩む人「NFTに価値ってあるのでしょうか?多くの人が高値で購入しているけど、結局はデータでしょ?今から参入する意味はあるのかな…。」

今回は、こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • NFT自体に価値はありません
  • 今からNFTに参入する意味はあるのか

この記事を書いているぼくは、実際にNFTを取引しています。購入から作成、ブログでのノウハウ発信を行っていますので、記事の信頼につながるかと。

【事実】NFT自体に価値はありません

【事実】NFT自体に価値はありません

結論ですが、NFT自体の価値はありません。

※この記事に述べる意見は、あくまで個人的な意見です。賛成・反対あるかもですが、この世にある1つの意見として参考にして頂ければ嬉しいです。

NFTに価値がない理由

価値があるのは「作品」だからです。
NFTとは、ブロックチェーン技術を使って「唯一を証明するトークン」のことを指します。なので、NFT自体に価値はありませんよ。

  • 「NFT=価値がある」←間違い
  • 「作品=価値がある」←正解

NFTに価値があると思われている理由は、コレまで埋もれていた作品に「価値を与える手段」だからです。NFTはいわゆる作品のマネージャー的な存在ですね。

作品がないところに、NFTの技術を照らし合わせても価値は生まれません。価値があるのは作品ですので、認識を改めて見てください。

NFTは身近なものになる

NFT自体の価値が低いのは、これからの活用方法にもあります。

例えば、免許証やパスポートなどの個人情報をNFT化することで、改ざん・複製ができなくなります。似たように、NFTは身近なものになっていくでしょう。

ものの価値は、「希少性」によって高まりますので、NFT自体の価値はこれから低くなっていく一方でしょう。NFTはあくまでものに価値を与える手段です。

NFTはデジタル作品に価値をつける

さて、結論にもどりますがNFTに価値はありません。価値があるのはあくまで作品で、作品に価値をつけるのがNFTです。

NFT化されていないデジタル作品は、コピー・改ざんが可能なため、いままでは価値がほぼありませんでした。

しかし、NFT技術の登場により、デジタル作品は唯一を証明可能です。結果、数が少ない作品には「希少性」が生まれますので、そこで初めて価値がつけられます。

今では、1枚のNFTアートに1億円以上の価値がつけられています。「NFTに価値がないなら始める意味もないな…。」はぶっちゃけもったいないので、「NFTを使ってビジネスを始めよう!」と考えをシフトするのがオススメ。

今からNFTに参入する意味はあるのか

今からNFTに参入する意味はあるのか

結論ですが、NFTに参入する意味はあります。

理由はつぎの通り。

  • ①:NFTの技術が色々活用されている
  • ②:NFT作品の価値は今後も高まる
  • ③:NFTに参入してもデメリットがない

①:NFTの技術が色々活用されている

例えば、アートやゲームはNFTの技術が上手くハマっています。ぼくも最近はNFTゲームをよくやっていて、実際にお金が稼げるのはコレまでの常識を変える楽しみ方かなと思いますね。

おそらくNFTはさらに多くの分野に進出していくことが予想されますので、今から参入しておいて損はないでしょう。時代に置いていかれないためにも、興味を持ったら行動すべき。

ちなみに、NFTゲームはアプリでダウンロードすればすぐ始められますので、NFT作品の購入が悩ましい人は、そちらから初めて見るのが良いかと。

おすすめのNFTゲーム

その①に関しては、アプリインストール後すぐに始められます。その他2つについては、それぞれ下記の記事を御覧ください。

≫Axie Infinityの始め方|8つの手順を画像つきで解説

≫Town Starの始め方を5つの手順で解説|稼ぎ方までご紹介

②:NFT作品の価値は今後も高まる

NFTの価値は時間が経つごとに高騰するでしょう。例えばの話しですが、今あるピカソの絵は、本当に本人が書いたのかを証明する方法はありません。

しかし、ピカソの時代にNFTがあれば、間違いなく作品をNFT化してブロクチェーン技術を使ってピカソ本人の作品だと証明できたでしょう。考え方としては、今の時代でも同じです。

NFT作品を今「資産」として持っておけば、将来的に大きな利益を生み出してくれるかもなので、NFTへ参入する理由としては十分かと。

③:NFTに参入してもデメリットがない

NFTを始めることで、何かデメリットがある場合は悩むのもわかりますが、実際に始めたぼくからすると、不安になるデメリットはなかったです。

強いて言うなら、NFTはややこしいことかなと思います。そもそもNFTへの理解が無い人は多いですし、NFTアートやNFTゲームなど幅広いジャンルがあるので、全てを知るには時間がかかります。

NFTへの参入が不安な方は、NFTについて基本知識をつけてから始めるのがオススメ。スタート地点が変わります。
≫【まだ間に合う!】NFTの勉強方法3つ|勉強する理由は未来のため

NFTはデジタルデータに価値を与える手段

NFTはデジタルデータに価値を与える手段

今回は、NFTの価値について解説しました。
※NFT自体に価値はない。価値があるのは「作品」で、NFTはデジタルデータに価値を与える手段です。

NFTについて知識が薄い方は、まず【初心者向け】NFTとは?注意点3つを含めわかりやすく解説を読んで頂ければ基礎知識はつけられるかと。あとはNFT本を並行して読めばカンペキ!

おすすめNFT本5冊

  • その①:NFTの教科書
  • その②:NFT 完全初心者への徹底解説
  • その③:だれにでもわかるNFTの解説書
  • その④:億り人が徹底解説! 初心者向けNFTの入門書
  • その⑤:最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

それぞれの本については、下記の記事をどうぞ。
≫【最新です】NFTが学べるおすすめ本5冊|本を読みつつ行動しよう

悲報:この記事を読んだ97%は行動しません

この記事を読んだあなたは、少なからずNFTに興味を持っているはず…。興味をもっているなら行動すべきかと思います。

ちなみに、ぼくも超初心者でしたが下記の記事とおりに進めていたら、失敗せずにスタートできましたので、興味をもったあなたもGOしましょう。下記の記事は実際に行った際のスクショを使いつつ解説しています。そのため、初心者でも安心して読めるはずです。

人気記事【完全版】NFTアートの始め方5つのステップを解説【2022年】