Ryoblog Written by ryosei

NFTって難しそう…。は勘違いです|3つの事実と簡単に始める方法

NFT

悩む人「NFTに興味があるのですが、難しそうで…。初心者のぼくでも始めることができるのでしょうか?わかりやすく教えて下さい!」

こんな悩みを解決します。

この記事の内容

  • そもそもNFTとは?
  • 「NFTは難しそう」は勘違い
  • 初心者がNFTを始める手順

この記事を書いているぼくは、2021年の11月頃にNFTの取引を開始しました。ブログでもNFTノウハウを発信しているので、この記事の信頼性は高いのかなと思います。

読者さんへの前置きメッセージ

「NFTを始めてみたいけど、難しそうで中々行動できません。」この様に悩む人って結構多いですよね。

しかし、この記事を読み終わる頃には、NFTに対して「難しそう」というイメージはさっぱり消えて、あなたは行動できるようになっているでしょう。

なぜなら、実際にNFTの取引をしつつブログで情報発信しているぼくが、初心者向けにご紹介しているからです。

NFTを始めるハードルは非常に低いので、ぜひ記事を最後まで読んでみてくださいね(・∀・)

そもそもNFTとは?

そもそもNFTとは?

NFTとは「Non Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、ブロックチェーンの技術を使った唯一無二のデータのことです。

わかりやすく言語化すると…。
ブロックチェーンの技術を利用して、書き換えや改ざんが出来ない唯一(非代替性)のデータのことを「NFT」と言います。

Googleで画像引用した時をイメージするとわかりやすくて、Wordなどのソフトに画像をコピペすると、Googleにあった画像と貼り付けた画像は、本物を証明できなくなります。

しかし、NFTの技術を用いれば、どっちの画像が本物なのかを証明することが可能です。これが非常に大切なポイント!【初心者向け】NFTとは?注意点3つを含めわかりやすく解説

データをNFT化すれば資産になる

データをNFT化することで、価値が付き、資産として所有することができます。

理由は、NFT化は「唯一性」を証明できるからです。

実際に資産所有をしている人は多数

例えば、「限定品」をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。数が少ないものにはプレミア価格が付きますよね。それと同じ。

「じゃあ、データは何でも資産になるの?」と思うかもですが、それはNOです。価値が付く可能性はありますが、出品してみないとわかりません。

なお、すでに価値のあるNFTデータを購入すれば、それは資産として手元に保管しておくことができます。

「NFTは難しそう」は勘違い

「NFTは難しそう」は勘違い

NFTは難しそうと思っている人多いですが、それは勘違いです。

理由はつぎの通り。

  • その①:NFTを始めるのはとても簡単
  • その②:誰でもNFTを売買できる
  • その③:無料で参入可能

その①:NFTを始めるのはとても簡単

NFTを始めるのは非常に簡単です。

なぜなら、普通の買い物と同じ手順でNFTを売買することができるからです。

具体的な手順はつぎの通り。

NFTを始める手順

  • ①:暗号資産取引所で口座を開設
  • ②:MetaMaskでウォレットを作成
  • ③:Open Seaでアカウントを作成
  • ④:コインチェックでイーサリアムを購入
  • ⑤:ウィレットにイーサリアムを送金
  • ⑥:NFTアートを購入する

単語が難しく聞こえますが、それぞれ簡単に言い換えると下記のようになります。

正確には違ってきますが、上記の理解で問題ありません。

「口座」を開設して「お金」を「お財布」にしまって「お店」で購入する。こんな流れなので、NFTを始めるのは非常に簡単だとわかりますね。

その②:誰でもNFTを売買できる

NFTの売買は、成人していればだれでも購入できます。

理由は、「コインチェック」の開設に20歳〜75歳の年齢制限があり、それさえクリアすれば他に制限がないからです。(コインチェックは暗号資産取引所)

出典:コインチェックヘルプセンター

例えば、NFTや仮想通貨に全く知識のない人でも、始める手順さえ知っていれば、すぐにNFT取引を行うことが出来ます。

ぼくも仮想通貨とか初めてでしたが、失敗せずに取引出来たので、これは事実(*´ω`*)

年齢制限をクリアしていれば、誰でもNFTの取引は可能です。

その③:無料で参入可能

NFTは売買だけでなく、無料でゲームへ参入することができます。

NFTは技術なので、ゲームの世界でも注目されているんですね。

人気NFTゲーム

  • ①:Axie Infinity
  • ②:TownStar
  • ③:The Sandbox

上記は人気のNFTゲームで、ゲーム内で仮想通貨を稼ぐことができます。「TownStar」は無料でプレイ可能です。

Googleで「NFTゲーム」と調べてみるとたくさんヒットしますので、お金をかけたくない人は、NFTゲームをプレイしてみるのもおすすめ。

なお、NFTゲームではお金を稼ぐことができますので、詳しくはNFTゲームはどうやって稼ぐの?|仕組みと3つの手順を解説を御覧ください。

NFT難しそうと避けるのは人生損です

NFT難しそうと避けるのは人生損です

NFT難しそうだな〜と避けているのは、ぶっちゃけ人生の損です。

理由は、将来的にも市場は拡大し続けるから。

「あのときやっていれば」は手遅れ

多くの人は、チャンスを逃して「あのときやっていれば…。」と後悔しますよね。

後悔する理由は簡単で、チャンスを感じたときに行動しないからです。

今回の場合はNFTですね。
今後もNFT以上は拡大していくことが予想されますので、始めるなら「今」しかないかと。

一目でわかるNFT市場の拡大

NFT市場の急成長は、「NFTバブル」とも呼ばれています。
≫【いま参入すべき】NFTバブルとは?|バブルの原因と今後の予測

興味があるなら、まずは行動すべきです。

NFTを始めるならまずは買ってみる

NFTを始める際は、まず買ってみるが正解です。

なぜなら、NFT作品を購入することで、NFTに慣れる事ができるからです。

ぼくも1番初めはNFTアートを購入しました。
1度購入できれば、その他の作業はなんてこと無いので、まずは買ってみて慣れることから初めましょう。

実際に購入したNFTアート

上記にNFTアートを購入しました。
その後、自分でNFTアートを作成してみたり、NFTゲームで遊んでみたりとNFTにどっぷりハマっています(笑)

なお、NFTの購入方法はNFTアートの買い方を6つの手順で解説|注意点3つ・口コミを読んで頂ければ失敗はありませんので、参考にしてみてください。

悲報:この記事を読んだ97%は行動しません

残念ながら、この記事を読んだほとんどの人は行動しません。

理由は簡単で、自分に自信がないからです。

自信がないと、「行動の良否」を判断することができないので、行動する気になれないんですね。

しかし、行動しなければ結果はわかりませんし、NFTは簡単に始められるので、まずは挑戦すべきかと。

まずはコインチェックの口座開設から

»コインチェックで口座開設する

口座開設の手順は【無料】コインチェックで口座開設する5つの手順|画像つきで解説を読んで頂ければ間違いありません。

人気記事【完全版】NFTアートの始め方5つのステップを解説【2022年】