Ryoblog Written by ryosei

NFTの初期費用ってどれくらい?|費用を抑えるためのコツ3つ

NFT

悩む人「NFTの初期費用ってどれくらい?無料で始めることはできるのでしょうか…。これから挑戦してみたいので、具体的にかかる費用を教えてください!」

今回は、こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • NFTにかかる初期費用
  • 初期費用の回収方法
  • NFTの始め方

この記事を書いているぼくは、実際にNFTの取引を行っていまして、NFTアートの作成も経験しています。そのため、記事の信頼性に繋がるかと。

NFTにかかる初期費用

NFTにかかる初期費用

下記の2つの場面で解説します。

  • その①:NFTの購入にかかる費用
  • その②:NFTを出品にかかる費用

その①:NFTの購入にかかる費用

NFTを購入する場合、10,000円くらいかかかります。

内訳は次のとおり。

  • MetaMaskへの送金手数料:1,700円前後
  • NFT購入時のガス代:8,000円〜10,000円前後
  • NFTの価格:1円〜

まず、暗号資産取引所からMetaMaskへの送金手数料が0.005ETH(1,700円前後)かかります。これはしょうがない(-.-;)

そして、NFT購入時にガス代(手数料)として8,000円〜10,000円くらいかかります。これは、数秒ごとに価格が変化しますので、タイミングが重要ですね。

最後にNFT作品の価格です。
NFT作品の価格はピンきりですが、超安くすませたいのなら1円くらいからあります。

ぼくが購入したNFTは3円です(笑)
以上、ぼくが実際にかかった費用は10,000円ほど。

無料で口座開設はコインチェック

ETHを購入するための暗号資産取引所ですが、「コインチェック」なら無料で開設することができます。

もちろん、ぼくも「コインチェック」で開設していまして、簡単操作なので、初心者でも安心ですね。

なお、コインチェックの開設方法は【無料】コインチェックで口座開設する5つの手順|画像つきで解説でご紹介しています。

その②:NFTを出品にかかる費用

およそ15,000円くらいですね。
内訳はつぎの通り。

  • MetaMaskへの送金手数料:1,700円前後
  • NFT出品時のガス代:10,000円前後

先程同様、MetaMaskへの送金手数料で0.005ETH(1,700円前後)かかります。

そして、NFT出品時にガス代10,000円前後かかります。(初回のみガス代が発生します。)

なお、0.01ETH=30,000円くらいかかりますので、色々考えると15,000円くらいは用意しておくべきかと。

NFTの初期費用をおさえるコツ

NFTの初期費用をおさえるコツ

下記の3つです。

  • その①:ガス代が下がるタイミングを狙う
  • その②:低速に設定する
  • その③:似ている作品を探す

その①:ガス代が下がるタイミングを狙う

ガス代は時間ごとに上下しますので、安い時を狙いましょう。

なお、価格変動については「Ethereum Gas Charts」を使うと便利です。

チャートをみて、高騰する時間を把握しておいて、タイミングを見て購入しましょう。

ちなみにぼくは、17時に購入して8,000円のガス代を支払いました(^_^;)

その②:低速に設定する

2つ目は、MetaMaskの取引速度を「低速」に設定する方法です。

手順は、MetaMaskでの価格確認画面で、「編集」ボタンをクリックします。

  • ①:Low
  • ②:Medium
  • ③:High

上記の3つから選択できます。
「Low」に設定すれば、わずかですがガス代をおさえられます。

その③:似ている作品を探す

似ている作品に妥協すれば、NFTの価格をおさえることができます。ぶっちゃけ、似ている作品でも満足できますよ!

例えば、下記の作品。

CryptoPunksというNFTアートでして、1枚3,000万円くらいします。(3,000円じゃないですよ…。)

高くて変えないと思いますので、「Crypto」で検索すれば、似た作品は山程見つけられますので、それでOKかと。

こんな感じ。
ぼくも似た作品を購入しましたが、大変満足しています(*´ω`*)

NFTを売買に初期費用は必須です

初期費用を無料で始めたい方は多いと思いますが、残念ながら難しいでしょう。

NFTの取引は基本「イーサ(ETH)」が使われるため、まず日本円で仮想通貨を購入しなければいけません。

また、取引時に発生するガス代も避けられないので、その点は理解すべきかと。

将来的に考えると、初期費用が回収できる可能性も十分ありますので、今は行動あるのみです!

初期費用の回収方法

次の通り。

  • その①:NFT投資で稼ぐ
  • その②:NFTを作成して稼ぐ
  • その③:NFTゲームで稼ぐ

NFTで稼ぐには、3つほど方法があります。「必ず稼げる」はもちろんありませんが、NFTを始めるなら挑戦するのもありかと。

なお、稼ぐ方法の詳細は「【2022年】NFTの稼ぎ方3つ|リスクを理解して行動すべき」にてご紹介しています。

また、NFTで稼ぐ際のリスクも理解しておくべきですね。

NFTで稼ぐ際のリスク3つ

  • その①:NFTの勉強が必要
  • その②:NFTのリスクを理解するべき
  • その③:稼げるNFTは誰にもわからない

なにかを始めるには何かしらのデメリットがあります。例えば「無料でできない」とかですね。

ジャンルは違いますが、子育ても大変な事はたくさん有りますよね。しかし、逆にメリットもたくさんあるはずです。赤ちゃんとか超かわいいですし(笑)

NFTを始めるにもリスクはもちろんありますが、それを理解しつつ行動する人が、成功までたどり着けるのではと思います。今は行動すべし!

リスクについても、【2022年】NFTの稼ぎ方3つ|リスクを理解して行動すべきの後半で解説していますので、チェックしてみてください。

NFTの始め方6つの手順で完了

NFTの始め方6つの手順で完了

次のとおりです。

  • 手順①:暗号資産取引所で口座を開設
  • 手順②:MetaMaskでアカウントを作成
  • 手順③:Open Seaでアカウントを作成
  • 手順④:コインチェックでイーサリアムを購入
  • 手順⑤:MetaMaskにイーサリアムを送金
  • 手順⑥:NFTアートを購入する

以上6つの手順で完了です。
難しそうに感じるかもですが、初心者でも安心して始められるように、下記の記事でわかりやすく解説しています。

始める際は、ぜひ参考にして下さい。
≫NFTアートの買い方を6つの手順で解説|注意点3つ・口コミ

NFTの初期費用についてよくある質問

NFTの初期費用についてよくある質問

最後に、NFTの初期費用に関する質問に答えていきます。

NFTを無料で出品する方法はありますか?

はい、あります。

取引に使用する通貨を「Polygon」すれば、無料で出品可能です。

とはいえ、通貨の送金にガス代はかかりますので、完全無料とはいきません(^_^;)

なお、イーサリアム・ポリゴンについては【必見】イーサリアムとポリゴンの違いは?|2つの仮想通貨を比較を御覧ください。

初期費用を回収するのにかかる時間は?

ぶっちゃけ、わかりません。

なぜなら、稼ぎ方によっても違いますし、資産としたNFTに価値が付くのかも予想できませんから。

なので、NFTで稼ぎたい方はできるだけ現実的な方法を取りましょう(*´ω`*)

NFTは未成年でも始められますか?

いいえ、暗号資産取引所の口座開設に成人の制限があります。

NFTゲームは、未成年でも始められるものもありますので、始めるならそちらがいいかと。

なお、NFTを始めるならNFTアートの買い方を6つの手順で解説|注意点3つ・口コミを御覧ください。

 

人気記事【完全版】NFTアートの始め方5つのステップを解説【2022年】