ryoblog Written by ryo

メタバースの作り方決定版:「Unity」×「Blender」の2つのツールで解説

Web3.0

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悩む人「メタバースの作り方が知りたい。でも、なにからやれば良いのかがわかりません…。ググって見たけど、結局どうすれば良いのかが不明なので、明確な答えを教えて下さい。」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • メタバースの作り方【結論:Unity×Blender】
  • メタバースを作るのに必要な準備
  • メタバースを作ることで実現する未来

この記事を書いたぼくは、読者の悩みを解決するために、メタバースの作り方について3日ほど情報収集をしました。できるだけ完結にまとめたので、参考になるはず。

「メタバースの作り方」を調べると、色々な情報がありすぎて結局どうすればいいの?と頭を抱えますよね。

そこで今回は、明確なメタバースの作り方を解説していきます。

記事を読むことで、メタバースを作るために何をすれば良いのか理解できるので、収入アップしたい人は参考にしてみてください。

※更新2023年3月:無料でプログラミングが学べます
なんと、今ならテックアカデミーで無料の体験会を開催しています。いきなり受講するのは勇気が出ないという人は、無料で体験できるチャンスをぜひ利用してみてください。
»テックアカデミーの無料体験会に参加してみる

本記事の目次

メタバースの作り方【結論:Unity×Blender】

メタバースの作り方【結論:Unity×Blender】

結論、UnityとBlenderの2つのソフトを使うことで、メタバースが作れます。

  • その①:Blender=3Dモデルを作成する
  • その②:Unity=空間を作成する

ググると他にも多くの方法がありますが、根本的なメタバースの作り方としては上記が正解です。

その①:Blender=3Dモデルを作成する

まずは、Blenderを使ってメタバース内に設置する3Dモデルを作ります。

「Blender」は、無料で利用できる3次元CGアニメーション作成ソフトです。有料ソフトにも劣らない機能性から、世界でも多くのユーザーが利用してます。

Blenderのダウンロードは下記からどうぞ。
»【無料】Blenderをダウンロードする

使い方は下記の動画が親切で分かりやすかったです。

その②:Unity=空間を作成する

「Unity」は、ユニティ・テクノロジーズ社が提供するゲーム開発のツールです。

コレまでのゲーム開発ツールは、難易度の高いプログラミング知識が必要でしたが、Unityの登場により初心者でも開発できるようになりました。
»Unityのインストールはこちら

UnityにBlenderで作成した3Dモデルをアップすることで、メタバースは完成します。

こちらも、実際に動画を視聴するとイメージしやすいです。

メタバースを作るのに必要な準備

メタバースを作るのに必要な準備

結論、下記の準備が必要です。

  • ①メタバース作成用PC
  • ②プログラミング知識

①メタバース作成用PC

メタバースを作るためには、性能の良いPCが必要です。

理由は、3Dモデルや空間の作成に多くの処理がかかるから。

選ぶなら「MacBook Pro」がおすすめです。サクサクとした動作で、メタバースの作成をストレス無くできます。
»MacBook Proを購入する

金額は結構しますが、とはいえメタバースを作ることは収入アップにもつながるので、自分の背中を押してポチるべし。

余談ですが、僕もブログ執筆のためにMacBookを購入しました。投資した分、本気で作業することができていますよ😌

VRヘッドセットでより具体的に

VRがあると、空間や3Dモデルの確認を実際にメタバース内ですることができます。

VR機能を搭載したいメタバースを作るなら買っておきましょう。
»Meta Quest2

②プログラミング知識

Unityを使いこなすためにはプログラミング知識が必要です。

「ググると知識ゼロでも作れる」とはありますが、それで作れるメタバースはたかが知れています。簡単なメタバースを作るなら、「Cluster」などで作れば十分かと。

なお、プログラミングは「TechAcademy (テックアカデミー)」がおすすめです。

なぜなら、Unityの使い方はもちろん。ゲーム開発に必要な「C#」から学べるから。

今なら、無料オンライン体験会が実施されてるので、気になる方は参加してみると失敗ありません。
»TechAcademy (テックアカデミー)申込はこちら

メタバースを作ることで実現する未来

メタバースを作ることで実現する未来<

メタバースを作ることができれば、下記の未来が実現します・

  • その①:収入アップの未来
  • その②:転職成功の未来
  • その③:個人で稼ぐ未来

その①:収入アップの未来

メタバースを作ることは、収入アップの未来につながります。

その理由は、メタバースを作れる人材が少ないから。

そもそも、メタバースを認知する人があまりいません。ので、「メタバースを作れる」というのは、その人の価値を大きく高めます。

よって、企業の中でも”特別な人”のポジションを獲得できて、収入アップにつながるでしょう。

その②:転職成功の未来

メタバースを作れると、転職に成功する未来が獲得できます。

理由は先ほど同様に、個人としての価値が高まるから。

実際、「DODAの求人」を見ていると、下記のような求人が結構あります。

・年収1,000万円超え
・フルリモートワーク

転職の希望がなくとも、将来何が起こるかわからないので、作れる技術を持っておくメリットは大きいです。

その③:個人で稼ぐ未来

メタバースを作れると個人で稼げる未来につながります。

理由は、メタバースという自分の商品をだれでも世界に発信できる時代だから。

メタバースはまだまだ発展途中のジャンルです。今から始めても、注目されるチャンスはかなりあります。

最近だと、「正社員は安定している」という概念が壊れてきているので、個人で稼げる能力は身につけておいて損はありませんよ。

まとめ:メタバースの作り方

まとめ:メタバースの作り方

今回は、メタバースの作り方について解説しました。

結論は【Unity×Blender】です。

2つのツールを使うことで、3Dモデルとメタバースが作れます。具体的な操作方法はそれぞれ下記からジャンプして動画をご覧ください。

また、完成度の高いメタバースを作るならプログラミング知識は必須です。

「テックアカデミー」なら、無料の体験会が開催されているので、気になる方は試しに参加してみましょう。
»TechAcademy (テックアカデミー)申込はこちら

では、今回は以上です。

人気記事【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法

人気記事【再現性あり】アフィリエイトで月1万円の稼ぎ方9ステップ