Written by ryosei

【初心者向け】Open Seaアカウントの作り方|無料で登録可能です

NFT

OpenSeaアカウントを作りたい人「OpenSeaでアカウントを作成したい。簡単って聞いたけど、初心者でも大丈夫ですか?手順を分かりやすく教えてください。」

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • OpenSeaとは?
  • OpenSeaアカウントの作成手順
  • アカウント作成と同時に行うべき作業

この記事を書いたぼくは、2021年からOpneSeaでNFTの取引を行っております。その経験を元に情報を発信しているので、信頼性の担保につながるかと。

本記事の目次

OpenSeaとは?

OpenSeaとは、NFTの取引が行われるマーケットプレイスで、その規模は世界最大です。

よく耳にする有名なNFTは、基本このOpenSeaで購入することが出来ます。

例えば、「Crypto Punks」や「CNP」ですね。これらはOpneSeaで販売されていて、他のマーケットプレイスでは購入することは出来ません。

OpneSeaは、取引量が世界最大規模なので、NFTに参入するなら登録必須のマーケットプレイスです。

OpenSeaアカウントの作成手順

下記の手順でアカウント登録を行います。

  • 手順①:公式サイトにアクセス
  • 手順②:作成をクリック
  • 手順③:MetaMaskと接続
  • 手順④:ユーザー名とアドレスを設定
  • 手順⑤:メールを確認して完了

それぞれ解説していきます。

手順①:公式サイトにアクセス

まずはOpenSeaの公式サイトにアクセスしてください。
»OpenSea公式サイト

※上記のURLは信頼できます。

手順②:作成をクリック

トップページが表示されるので、「作成」からアカウント登録を行っていきます。

手順②:作成をクリック

手順③:MetaMaskと接続

次に、MetaMaskウォレットとOpenSeaを接続します。

※まだMetaMaskウォレットを作成してない人は、5分で終わるのでそちらを先に作って来てください。»MetaMask(メタマスク)のアカウント作成方法3Stepで完了

ウォレットの接続から「MetaMask」を選択します。

ウォレットの接続から「MetaMask」を選択します。

パスワードと署名を求められるので、それぞれ入力すればOpenSeaとの接続は完了です。

手順④:ユーザー名とアドレスを設定

手順④:ユーザー名とアドレスを設定

下記の項目をそれぞれ入力していきます。

  • 名前
  • 説明
  • メールアドレス

「説明」に関してはなんでもOK。Twitterのプロフィールをコピペでも良いと思います。後で変更できるので、そこまで意識せず登録しましょう。

入力が完了したら、「Save」を忘れずに。

手順⑤:メールを確認して完了

登録したメールアドレス宛に、OpneSeaから下記のメールが届きます。

「VERIFY MY EMAIL」をタップして、アドレスの確認が済んだら、「Open Seaに戻る」をタップ。

以上で、OpenSeaのアカウント作成は完了です。これで、NFTの取引を始めることが出来ます。

アカウント作成と同時に行うべき作業

アカウント作成と同時に行うべき作業

前章の作業が完了すれば、ひとまずOKですが…合わせて行っておくべき作業を紹介します。

  • ①:暗号資産取引所口座の開設
  • ②:OpneSea詐欺対策

①:暗号資産取引所口座の開設

1つ目は暗号資産取引所口座の開設です。

なぜなら、仮想通貨(暗号資産)が用意出来なければ、NFTを取引することが出来ないから。

国内ですと、「bitFlyer」もしくは「Coincheck」がおすすめです。全体の80%くらいは、どちらかを使っています。

個人的には、bitFlyerの方がスプレッド(見えない手数料)がCoincheckよりも狭く設定されているので、推奨してます。

とはいえ、使いやすいのはCoincheckなので、お好きな方で口座開設すればOKです。正直、手数料とかそこまで気になりませんので。

bitFlyerの口座開設方法

上記の記事で、手順をわかりやすく解説しています。

»【無料】bitFlyerで口座開設をする

Coincheckの口座開設方法

こちらも、上記の記事で手順をわかりやすく解説しています。

»【無料】Coincheckで口座開設をする

②:OpneSea詐欺対策

2つ目は、OpenSeaの詐欺対策です。

というのも、NFTが流行ってきたのと同時に、公式を偽り詐欺メールを流してくる集団が増えてきました。対策をしておかないと痛い目を見ます。

簡単な方法で詐欺メールを見分けられるので、「【注意喚起】Open Seaの詐欺メール対策2つ|自分の身は自分で守りましょう」を読んで、対策して下さい。

まとめ:OpnSeaのアカウント作成

まとめ:OpnSeaのアカウント作成

今回は、OpneSeaのアカウント作成方法をまとめました。

あとはNFTの取引につかう「イーサリアム(ETH)」さえ用意できれば、実際に取引することが可能です。

NFTの購入方法については、下記の記事を参考にして下さい。
»【実例あり】NFTアートの買い方|13枚の写真でわかりやすく解説

人気記事【感謝】仮想通貨・NFTブログ図鑑|74人のURL掲載【超有益です】

人気記事【完全版】失敗しないNFTアートの始め方|2022年からでも遅くない