Written by ryosei

【限定100体】Control Bear(コントロールベア)NFTとは?|購入方法まで解説

NFT

悩む人「コントロールベアのNFTが発売されるらしい。あのデザインが好きなので、ぜひとも手に入れたいところですが、NFTの購入方法がわかりません…。誰か教えてください!」

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • Control Bear(コントロールベア)NFTとは?
  • Control Bear(コントロールベア)NFTの販売情報
  • Control Bear(コントロールベア)NFTの買い方

筆者は、2021年からNFTに興味を持ち、かなら早い段階でNFTに参入しました。今では、NFTの情報を発信してお小遣いを稼げるようになっています。

先日、ニュースメディアで「Control BearのNFTアートを100点販売します。」という情報を入手したので、今回はそちらについての解説です。

「そもそもNFTって何?」という初心者にも、分かりやすいよう丁寧に説明していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

本記事の目次

Control Bear(コントロールベア)NFTとは?

Control Bear(コントロールベア)NFTとは、株式会社グラニフのオリジナルキャラクター「Control Bear(コントロールベア)」をNFT化した作品になります。

NFTについてちょっと深掘り解説です。

そもそもNFTって何?

※専門用語が多くてちょっとムズいと思いますが、文末に要約してまとめたので安心下さい。

NFTとは、Non Fungible Token(非代替性トークン)を略した名称で、「唯一性をもったデジタルデータ」を指します。

これまでのデータは簡単にコピー・改ざんを行えましたが、ブロックチェーン技術を用いて、情報を分散保存できるようになったので、データへの不正がほぼ不可能となりました。

唯一性をもったNFTには、それぞれに「価値」がつき、マーケットプレイスと呼ばれるプラットフォームで、暗号資産を用いて取引されています。

【初心者向け】NFT要点まとめ

  • コピー、改ざん出来ないデータ
  • 唯一性を持ったことにより価値がついた
  • 暗号資産で取引されている

NFTについては、おおよそのイメージが掴めればOKです。

コントロールベアNFT=デジタルデータ

さて、「コントロールベアNFTとは?」に戻ります。

改めて説明すると、「Control Bear(コントロールベア)」をNFT化した作品で、コピー・改ざんのできないデジタルデータです。

なぜなら、ブロックチェーン技術が用いられていて、「唯一性」を持っているデータだから。

「コントロールベアNFT」は、雑貨屋に売られているアイテムとは違い、販売数に限りがあります。コレクターなら、必ず手に入れておきたいところです。

NFTを保有すると稼げます

コントロールベアNFTを購入しておくと、多分利益が発生します。

なぜなら、コントロールベアのような人気作品には、多くのファンがいるから。

販売数に限りがあるので、初回で買えなかったユーザーは、「あなたの保有している作品を、〇〇円で売って下さい!」とoffrしてきます。

そこで、購入額よりも高い値で売ることにより、あなたに利益が入る仕組みです。イメージは転売ですね、NFT業界ではオーソドックスな稼ぎ方ですよ。

余談ですが、NFT界隈では「crypto punks」という24×24pxアートに約10億円の入札例もあります。

現実離れしてますが、それくらい大きなお金が毎日動いています。ぼく自身も、なんとなく購入した作品に購入額+4万円の入札がありました。すごい世界です。

Control Bear(コントロールベア)NFTの販売情報

先行販売「コントロールベア5作品をオークション形式で販売」

  • 販売期間:2022年10月20日(木)0:00(JST)〜2022年10月25日(火)0:00(JST)
  • 作品名:Control Bear #001〜Control Bear #005
  • 販売数:5点
  • 販売形式:オークション
  • 販売場所:Opensea

※上記URLは公式サイトから引用した信頼できるものです。

先行販売では、オークション形式で5体の「コントロールベアNFT」が販売されます。より、多額の費用をかけた人が購入出来ます。

本販売「コントロールベア95作品を本販売」

  • 販売期間:2022年11月7日(月)18:00(JST)〜
  • 作品名:Control Bear #006〜Control Bear #100
  • 販売数:95点
  • 販売場所:Opensea

※上記URLは公式サイトから引用した信頼できるものです。

本販売では、95体の「コントロールベアNFT」が販売されます。

こちらはオークション形式ではないので、提示された価格で早いもの勝ちですね。ただ、価格はまだ発表されていません。

Giveawayキャンペーン概要

NFTアート「コントロールベア」作品の発売を記念して、グラニフNFT 公式Twitterアカウントをフォロー&リツイートいただいた中から抽選で1名様に、「Control Bear #000」をプレゼント。

  • 実施期間:2022年10月26日(水) 0:00(JST)〜11月1日(火) 0:00(JST)
  • 参加方法:グラニフNFT 公式Twitterアカウントをフォロー&対象の投稿をリツイート
  • 当選賞品:NFTアート「Control Bear #000」
  • プレゼント方法:OpenSeaにて付与

なんと、「コントロールベアNFT」が抽選で貰えるキャンペーンも開催します。

参加方法も超簡単なので、ぜひ応募しておきましょう。

Control Bear(コントロールベア)NFTの買い方

手順は次のとおりです。

  • ①:暗号資産取引所の口座開設
  • ②:イーサリアム(ETH)を購入
  • ③:MetaMaskウォレット作成
  • ④:ETHをMetaMaskに送金
  • ⑤:OpenSeaアカウント作成
  • ⑥:コントロールベアNFT購入

ちょっと作業が多いですが、この手順を完了させると今後のNFT取引がぐっと楽になります。丁寧に解説するので、ぜひトライしてみましょう。

①:暗号資産取引所の口座開設

まずは、暗号資産取引所の口座を開設しましょう。

その理由は、コントロールベアNFTがイーサリアム(ETH)と呼ばれる仮想通貨(暗号資産)で取引されるからです。

暗号資産取引所では、「日本円 → 仮想通貨」の換金を行います。これがないとNFTに参入出来ないので、必ずはじめに完了させて下さい。

ビットフライヤーがおすすめです

おすすめの暗号資産取引所は「ビットフライヤー」です。

なぜなら、1円から取引できる特徴があるから。初心者でも失敗するリスクを最大限まで減らせます。

他にも「コインチェック」など人気の取引所がありますが、見えない手数料(スプレッド)が高いのでわずかに損です。

ビットフライヤーの口座開設手順については「【初心者向け】ビットフライヤー口座開設手順を33枚の画像付きで解説」を参考にしてみて下さい。

【無料】ビットフライヤーで口座開設をする

②:イーサリアム(ETH)を購入

つぎに、イーサリアム(ETH)を購入していきます。

これは、販売前までに完了していればOK。

ただ、直前で作業を行うと戸惑って、オークション・販売に参加できないなんて事があるので、できるだけ早めに済ませておいて下さい。

ビットフライヤーで口座開設した人は、下記の記事をよく読んで、イーサリアムを購入しましょう。
»【10秒で完了】bitFlyer (ビットフライヤー)で仮想通貨を買う方法【動画・画像あり】

ひとまず1万円くらい用意しておきましょう

コントロールベアNFTの価格が不明なので、用意すべき額もわかりません。

経験上、1万円くらい用意しておけば、本販売でも購入できると思うので、迷っている人は参考にしてみて下さい。

③:MetaMaskウォレット作成

次に、MetaMaskウォレットの作成です。

これを作成する理由は、購入した仮想通貨を安全に保管するため。あと、OpenSeaとの連携にも使用します。

MetaMaskは、Google Chromeの拡張子で信頼のあるウォレットです。

他にもいくつか種類がありますが、こだわりが無いならMetaMaskを利用して下さい。3分くらいでウォレットの作成は完了します。

MetaMaskの作成方法は「MetaMask(メタマスク)のアカウント作成方法3Stepで完了」をどうぞ。

④:ETHをMetaMaskに送金

暗号資産取引所で購入したイーサリアム(ETH)をMetaMaskに送金します。

コントロールベアNFTを購入する際は、このMetaMaskからお金を支払うので、必須作業です。

なお、送金時にミスってお金を失う人が結構多いので、下記の記事をよく読んで、作業を行って下さい。
»ビットフライヤー(bitFlyer)からメタマスクにETHを送金する方法

⑤:OpenSeaアカウント作成

OpenSeaのアカウント作成です。
事前準備としては、これがラスト。

OpenSeaは、世界最大のNFTマーケットプレイスで、人気作品は90%くらいOpenSeaで販売されています。

アカウント作成はとても簡単なので、サクッと終わらせて下さい。
»【初心者向け】Open Seaアカウントの作り方|無料で登録可能です

⑥:コントロールベアNFT購入

ここまで完了すれば、あとは販売されるのを待つだけ。

下記に販売情報を再度記載しましたので、確認してみてくださいね。

・先行販売場所:Opensea
・販売期間:2022年10月20日(木)0:00(JST)〜2022年10月25日(火)0:00(JST)
・本販売場所:Opensea
・販売期間:2022年11月7日(月)18:00(JST)〜

まとめ:Control Bear(コントロールベア)NFT

今回はControl Bear(コントロールベア)NFTについて解説しました。

アパレル・生活雑貨アイテムで累計販売数68万点に上る大人気オリジナルキャラクターという事で、保有しておくと価値があがる見込みがあるので、ぜひ購入しておきたい作品ですね。

なお、販売数100点という事で、早いもの勝ちになります。

購入を狙っている人は、必ず事前準備として「暗号資産取引所の開設」から「OpenSeaアカントの作成」までは完了しておきましょう。

暗号資産取引所は「ビットフライヤー」がおすすめです。まだ登録してない人は、下記の記事を参考にはじめてみてくださいね。
»【初心者向け】ビットフライヤー口座開設手順を33枚の画像付きで解説

人気記事【感謝】仮想通貨・NFTブログ図鑑|74人のURL掲載【超有益です】

人気記事【完全版】失敗しないNFTアートの始め方|2022年からでも遅くない