ryoblog Written by ryo

【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザの使い方・始め方|インストールから初期設定

Web3.0

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悩む人「Braveの使い方が知りたいです。仮想通貨が無料で稼げるらしいけど本当?広告とかもブロックできるようなので、インストールから初期設定までわかりやすく教えて下さい!」

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • Brave(ブレイブ)とは?特徴を解説
  • Brave(ブレイブ)の注意点2つ
  • Brave(ブレイブ)のインストール〜初期設定の手順
  • Brave(ブレイブ)の使い方
  • Brave(ブレイブ)でBATを稼ぐ方法
  • Brave(ブレイブ)に関するよくある質問

この記事を執筆したぼく(@ryoseiblog)は、仮想通貨の投資歴1年。NFTやメタバースなど、Web3時代に関する情報をブログで発信しています。

今回は「無料で仮想通貨が稼げる」と話題のBrave(ブレイブ)について解説です。

Brave(ブレイブ)ってそもそも何?から始まり、使い方や稼ぎ方、そして安心の担保のために問題点までも紹介します。

記事を読むと、ネットサーフィンするだけでお小遣いが稼げるようになるので、お得に生活したい方はぜひ御覧ください。

※【Android版】Braveブラウザの始め方は下記にて
»【Android版】Braveブラウザの使い方・インストールから稼ぎ方を解説

Braveで仮想通貨を稼ぐために

Braveで稼げるBATの保管には、ビットフライヤーの口座が必要です。

ビットフライヤーは無料で登録できるので、Braveをインストールする前に完了させておくとあとが楽です。(入金や取引は不要です。)

下記のリンクから登録できます。サクッと済ませてしまいましょう(*´ω`*)
»【無料】ビットフライヤーで口座を開設する

\10分で開設完了!スマホ1台でOK!/
【無料】ビットフライヤーで口座開設する

本記事の目次

Brave(ブレイブ)とは?特徴を解説

Brave(ブレイブ)とは?特徴を解説
ブラウザ名 Brave Browser
開発元 Brave Software社(アメリカ)
(参考記事:開発国はどこ?
創設者 ブレンダン・アイク氏
(JavaScriptの生みの親)
公式HP https://brave.com/ja/
公式Twitter(日本版) https://twitter.com/bravesoftwarejp
対応機種 WindowsMaciosAndroid

Brave(ブレイブ)とは、「Chrome」や「Safari」といったようなブラウザの一種です。

2019年11月に正式リリースされたばかりのブラウザですが、「広告の排除」「仮想通貨が稼げる」といった特徴から、2022年5月時点でMAU5,500万人を突破しました。
»【5,500万人】Braveブラウザのシェア数は?他社ブラウザとの比較

また、表示速度もGoogle Chromeの2倍という結果が出てます。(公式ページ引用です。)

Braveブラウザの特徴

他、下記のような特徴があるので、それぞれ深堀していきます。

  • その①:広告を排除できる
  • その②:無料で仮想通貨BATが稼げる
  • その③:バッテリー長持ち&読み込み高速
  • その④:拡張機能やブックマークの移行ができる

その①:広告を排除できる

Brave(ブレイブ)は、ほぼ全てのWeb広告を排除してくれます。

これは、Braveブラウザに搭載されている「Brave Shields」という機能によるもので、広告へのストレスが解消されます。

実際、広告が多いイメージのYahooページを比較してみました。

上記の通りで、Brave(ブレイブ)はスッキリして見やすいです。

You Tube広告もブロック可能

なお、You Tube動画で流れる広告もブロックしてくれます。

通常だと、You Tube Premium(1,180円)に課金して、広告を排除する必要がありますが、Braveなら無課金でOK。

最近だと、スキップ不可の広告も登場してるみたいですね…。これからの時代にもBraveは重宝されるかと。
»Brave(ブレイブ)ブラウザでYouTube広告をブロック【快適に視聴しよう】

その②:無料で仮想通貨BATが稼げる

Brave(ブレイブ)では広告をあえて表示させることで仮想通貨BATを稼ぐことができます。

Brave Rewardsという機能により、広告主がBraveに支払う広告料の70%を利用者はBATで獲得できる仕組みです。

実際にBATを稼ぐ人の声

仮想通貨BATの価値が高騰すれば、リスク・費用0円で大きな額を稼げる可能性があります。仮想通貨は急に2倍とかになるので。

「ぼーっとしてても稼げるお小遣い」なので、早いうちに始めて今から貯めていきましょう。

Braveで稼ぐためには『ビットフライヤー口座』が必要です。入金や取引は不要なので、開設すればOKですよ。

Braveとビットフライヤーの連携方法については、後ほど解説します。

\10分で開設完了!スマホ1台でOK!/
【無料】ビットフライヤーで口座開設する

その③:バッテリー長持ち&読み込み高速

Brave(ブレイブ)は、Google Chromeを使うよりもバッテリー消費量が約35%減&表示速度2倍というデータが公開されています。

その理由は、やはり広告が関係してまして、あれってかなり多くの負荷がかかってるんですよね。

Brave(ブレイブ)では、広告を排除できるので、無駄な処理がなくなります。結果、バッテリーの消費と読み込み速度が高速になります。

下記で、Safariとの表示速度を比較してます。

その④:拡張機能やブックマークの移行ができる

ブラウザの移行時にめんどうなのが、「拡張機能やブックマーク等の反映」です。

しかし、Brave(ブレイブ)ならサクッと移行することができるので、一切の手間がありません。

こちらも後ほど解説します。

Brave(ブレイブ)ブラウザの始め方【インストール〜初期設定の手順】

Brave(ブレイブ)ブラウザの始め方【インストール〜初期設定の手順】

インストールから初期設定までをそれぞれ解説していきます。

上記の各手順をクリックすると、該当部分へジャンプできます。

【Android版】のインストール方法
スマホ表記だと若干変わるので、「【Android版】Braveブラウザの使い方・インストールから稼ぎ方を解説【注意点あり】」をご覧ください。

手順①:Braveをインストール

Braveのインストールは、下記のリンクから無料でインストールできます。
»Brave公式サイト

ページ中央にある[ Braveをダウンロード ]をクリックして、デバイスに追加します。

※上記はWindowsでのダウンロード時の画像で、デバイスによって表示が異なります。

ダウンロードが完了すると、下記の表示に変わります。[ さあ始めましょう→ ]をクリックです。

この時、[ Braveをデフォルトに設定 ]を選択できるので、常に使いたい人は設定しておくと便利です。後で変更も可能。

手順②:検索エンジンの選択

検索エンジンの選択です。

こだわりがなければ[ Google ]を選べばOK。

手順③:ブックマークと設定のインポート

もともと使ってたブラウザから、ブックマークをインポートできます。

下記のとおり、[ ブラウザを選択→インポート ]で完了です。

あとでも移行できるので、面倒なら飛ばしてOK。

手順④:Rewards(報酬)の設定

Rewardsの設定です。
[ Rewardsの使用開始 ]をクリックで、進めていきましょう。

下記のようにポップが表示されます。再度[ Rewardsの使用開始 ]をクリック。

国籍を設定です。日本は結構下にスクロールすると出てきます。

[ クイックツアーを見てみましょう(スキップ可能) ]で説明を見た後、[ Braveリワードを認証 ]をクリックします。

「ウォレットの認証は任意です…。」と下記のように表示されるので、[ 続ける ]をクリック。

画面右に表示される「ビットフライヤー」と連携します。(現状、Braveと連携できるのはヒットフライヤーのみ。)

上記の赤枠部分をクリックして連携しましょう。

ビットフライヤーとの連携は必須

BraveでBATを稼ぐためには、ビットフライヤーの口座が必要です。仮想通貨BATを日本円に換金する際も利用します。

無料で口座を開設できて、その後の入金や取引は不要です。登録だけをサクッと完了させてください。
»【無料】ビットフライヤーで口座を開設する

\10分で開設完了!スマホ1台でOK!/
【無料】ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーの登録手順は「【初心者向け】ビットフライヤー口座開設手順を33枚の画像付きで解説」で解説してます。参考にどうぞ。

上記の[ 許可する ]をクリックすると、Braveとビットフライヤーの連携は完了です。

手順⑤:Braveウォレットの作成

ウォレットは、Braveのアカウントを復元できる重要な要素なので、設定しておきましょう。

設定画面右上に表示される[ ウォレット ]をクリックです。

[ ウォレット ]→[ 開始する ]の順でクリックです。

内容を確認して、それぞれに✓を入れます。

Braveで使うパスワードの設定です。忘れないようメモっておきましょう。

注意書きが表示されます。しっかり読んで、[ 閉じる ]をクリックです。

リカバリーフレーズが表示されるので、12コの単語を順番通りにメモってください。スクショ不可なので、手書きでの保管になります。
※リカバリーフレーズを紛失すると、データの復元ができなくなります。

先ほどメモったリカバリーフレーズを指定された順番に選択すれば、ウォレットの作成は完了です。

手順⑥:自動支援機能をOFF

最後に、自動支援機能の設定です。

自動支援機能をONにしておくと、あなたが稼いだBATが運営側に配布されてしまうので、OFFにすることを推奨します。

[ 設定 ]→[ Brave Rewards ]→[ チップ右マーク ]をクリックします。

チップ設定にある3つの項目すべての✓を外してください。

これにて、自動支援機能のOFFは完了です(^o^)

以上の作業が完了すると、Braveを使えるようになります。が、稼ぎ方や使い方がイマイチ分からないと思うので、補足程度に解説していきます。

Brave(ブレイブ)ブラウザの使い方

Brave(ブレイブ)ブラウザの使い方

通常のブラウザとほとんど変わりません。

  • ①:検索方法
  • ②:統計データの確認方法
  • ③:Brave newsの表示方法
  • ④:You Tubeのバックグラウンド再生
  • ⑤:拡張機能の追加方法
  • ⑥:Brave summarizerの設定方法

上記の基本的な使い方を紹介しておきます。なお、Braveの目玉である『広告ブロック』は、インストールした時点から自動で使えます。

①:検索方法

検索窓にキーワードやURLを入力してポチるだけ。

通常とおりです。

その他、シークレットモードもChromeやSafariと同様に使うことができます。

②:統計データの確認方法

表示されている通り。

「ブロック済の広告・トラッカー数」とありますが、トラッカーとは、検索履歴を収集すること。Braveを使うことはプライバシー対策にもつながります。

③:Braveニュースの表示方法

上記のとおり、設定から『Brave news』をONにします。

すると、ブラウザトップ画面の下方に表示されてるはず。

④:You Tubeのバックグラウンド再生

こちらも設定をちょこっといじるだけ。

バックグラウンド再生をONに切り替えれば、動画視聴中にアプリを閉じて、他のアプリを起動しても再生されるようになります。

詳しくは「【Android版】Brave(ブレイブ)ブラウザでバックグラウンド再生をする設定」をご覧ください。

⑤:拡張機能の追加方法

下記の2種類の方法で可能です。

・Googleで拡張機能を検索して導入
・Brave内で拡張機能追加から導入

Braveの根本はChromeと同じプログラムなので、Chromeの拡張機能がそのまま使えます。もともと使ってた拡張機能もそのまま引き継ぎできるので、ぜひ利用してみて下さい。

詳しい手順は「Braveブラウザに拡張機能を追加する方法|Chromeからの引き継ぎも可能」をどうぞ。

⑥:Brave summarizerの設定方法

Brave summarizerは、Braveに搭載されたAIが、検索結果を要約して簡潔に解説してくれる機能です。2023/3/8追加の新機能。

詳細は「【AI機能搭載】Brave summarizer(サマライザー)の使い方|3手順で簡単設定」をご覧ください。

Brave(ブレイブ)ブラウザでBATを稼ぐ方法

Brave(ブレイブ)ブラウザでBATを稼ぐ方法

仮想通貨BATの稼ぎ方を解説します。

とはいえ、やることは「広告を表示する」だけです。実際にやってみます。

Brave(ブレイブ)ブラウザで稼ぐ手順【実例】

1.まずはBraveブラウザを起動する
»Brave公式サイト

2.検索窓で新規タブを追加する

3.背景に広告が表示される

たまに、上記の通り背景が広告に変わります。これを表示するだけで、BATは自然に溜まっていきます。

動画じゃないので、時間も取りません。1瞬でも表示されればOKです。

4.稼いだBATの確認方法
Brave Rewardsの左下に表示されます。

以上、めちゃめちゃ簡単ですね。自由にネットサーフィンするだけで仮想通貨が稼げる時代。知っているだけで、お得に生活できます(*´ω`*)

BATを効率的に稼ぐ方法については、下記の記事をどうぞ。
»Brave(ブレイブ)ブラウザの効率的な稼ぎ方3つ|稼げない原因と解決策あり

広告表示回数を設定しておこう

より効率的に稼ぎたい人は、広告表示の設定をしておきましょう。

[ 設定 ]→[ Brave Rewards ]→[ 表示する広告の最大数 ]に進み、これを[ 1時間に最大10件の広告 ]に変更です。

Braveで表示される広告は、動画再生がないので、最大数に設定は必ずやるべしです。

\10分で開設完了!スマホ1台でOK!/
【無料】ビットフライヤーで口座開設する

手順は「【初心者向け】ビットフライヤー口座開設手順を33枚の画像付きで解説」を参考にどうぞ。

稼いだBATを日本円に換金する方法

BATの換金方法についても補足で解説します。

①:まずは、Brave RewardsのRewards設定をクリックです。

②:画面右上の[ マイウォレット ]→[ 私のbitFlyerアカウントに移動する ]をクリックします。

③あとは、ビットフライヤー内でBATを日本円に換金すればOK。[ 売る ]をクリックすると、日本円に換金できます。

ビットフライヤーでの仮想通貨取引方法は「【10秒で完了】bitFlyer (ビットフライヤー)で仮想通貨を買う方法【動画・画像あり】」を参考にどうぞ。

補足:認証クリエイターに登録しておくと稼げます

Braveブラウザには、「認証クリエイター」として報酬をもらう仕組みがあります。

この認証クリエイターには、無料で登録できるので、Braveを利用するならぜひ参加して見てください。
»Braveブラウザ認証クリエイターの登録方法|コンテンツ収益化【Twiterあり】

なお、Twitterを含む下記のコンテンツ運営者が対象です。

Brave(ブレイブ)ブラウザのデメリット2つ

Brave(ブレイブ)ブラウザの注意点2つ

Braveを4ヶ月使ってきて感じたデメリットは下記の4つ。

  • その①:商品検索には向かない
  • その②:You Tubeの画質が悪い(最大1080p)
  • その③:デザインが崩れる事がある
  • その④:まだまだ情報が少ない

ただ、これらのデメリットを感じつつ使うメリットの方が大きかったです。4ヶ月使って来ましたが、このままお世話になります(´∀`)

Braveのメリット・デメリットについては、下記の記事で深掘り解説しました。参考にどうぞ。
»【暴露】Braveブラウザのデメリット・メリット|4ヶ月使った感想

2023年1月補足:問題点&解決策をまとめました

2023年1月時点で報告されている問題点は下記のとおり。

  • ①:タブを複数開くと重くなる
  • ②:Androidはオフライン再生できない
  • ③:iosは仮想通貨BATが稼げない
  • ④:Brave広告の表示件数が少ない
  • ⑤:ビットフライヤー口座しか連携できない
  • ⑥:You Tube動画はリピートできない
  • ⑦:広告ブロックによりデザインがずれる

それぞれ、解決方法がわかっているので、当てはまる方がいたら「»【最新】Braveブラウザの問題点7コと対処法|無料の相談サイト有り」をご覧ください。

Brave(ブレイブ)ブラウザに関するよくある質問

Braveに関するよくある質問を計8コ答えていきます。

①:仮想通貨BATはいつ振り込まれるの?

翌月の8日にビットフライヤー口座に振り込まれます。

例えば、5月に稼いだBATは6月8日です。

②:Braveの危険性はどうなの?

結論、めちゃめちゃ安全です。

1.ダブリン大学トリニティ・カレッジの研究結果
2.角川アスキー総合研究所の研究結果
3.「Firefox」との比較
4.国際コミュニティ「W3C」への参加

上記のような第三者機関によって、危険性の調査を行っており、下記のとおり結論付けられました。

僕も3ヶ月ほど使ってますが、一切の不安無くネットサーフィンを続けられてます。

危険性については「Braveブラウザの危険性と安全性の根拠4つ【実際に使って検証】」で深掘りしました。

③:広告ブロック機能って違法じゃないの?

合法です。

こちらの根拠は下記のとおり。

①:類似するブラウザが裁判所で合法と判決
②:アプリストアの審査に合格
③:大手取引所「bitFlyer社」と業務提携
④:Braveの使用での逮捕者はゼロ

実際に、海外では似た事例で裁判が行われており、広告ブロック機能は合法と判決されています。

こちらについては「【判決あり】Braveブラウザが違法ではない根拠4つ【批判は仕方ない】」にて解説しました。

④:本当に無料で使えるの?後で請求は無い?

基本は無料です。

ただ、一部有料機能がありまして、それが下記の2つ。

・Brave VPNサービス
・Brave talk(5人以上)は有料

断言すると、有料機能は使わないので不要です。

無料で広告をブロックして、BATを稼いで下さい。
»Braveブラウザの料金は無料(0円)です|タダで使える機能範囲【一部有料】

⑤:ウイルス感染の可能性はどう?

Braveを使ってる限り、ウイルス感染はほぼありえません。

なぜなら、感染ルートが無いから。

例えば、ウイルスを含む広告があってもBraveはブロックするので、表示されません。クリックできないので、感染もなしです。

他のブラウザよりも、圧倒的に安全なのでご安心を。
»Braveブラウザからウイルス感染しない根拠3つ|感染するほうが難しいです

⑥:Braveと中国の関係性は?

検索候補欄に「中国」と表示されますが、一切の関係はないです。

開発国はアメリカですし、中国に支店などもありません。

詳しくは「【調査】Braveブラウザの開発はどこの国?【中国との関係性はゼロ】」で調査してます。

⑦:Chromeと比較してどっちが優秀?

結論、Braveブラウザです。

広告ブロック標準搭載、報酬制度、表示速度やバッテリー消費量を比較すると、Braveの方が優秀と考えられます。

ただ、アフィリ広告がブロックされるので、目的に合わせChromeと使い分けるのがおすすめです。

ChromeとBraveの比較については「【比較】BraveとChromeの違い7つ|Web3.0時代ブラウザを使ってみた」を参考にどうぞ。

⑧:Braveの評判はどうかな?

こんな感じで好評です。

口コミ・評判については「【最新】Brave(ブレイブ)ブラウザの評判まとめ|広告ブロックはすごかった」でまとめてますので、参考にどうぞ。

まとめ:Brave(ブレイブ)のインストールから使い方まで

さて、この記事ではBraveについて解説しました。

内容を振り返ります。

  • その①:広告を排除できる
  • その②:無料で仮想通貨BATが稼げる
  • その③:バッテリー長持ち&読み込み高速
  • その④:拡張機能やブックマークの移行ができる

ネットショッピング向きじゃないデメリットがありつつも、ぶっちゃけ使わない理由はないのかなと。

使ってたブラウザからの移行も簡単にできるので、できるだけ早くBraveを利用することをおすすめします。BATは稼げるうちに稼ぎましょう(*´ω`*)

それでは、今回は以上です。

Braveで仮想通貨を稼ぐために

Braveで稼げるBATの保管には、ビットフライヤーの口座が必要です。

BraveでBATを稼ぐだけなら、登録後の入金・取引も不要なので、不安要素は一切ありません。登録も無料です。

まだ登録してない人は、今すぐ登録しましょう。
【無料】ビットフライヤーで口座を開設する

\10分で開設完了!スマホ1台でOK!/
【無料】ビットフライヤーで口座開設する

手順は「【初心者向け】ビットフライヤー口座開設手順を33枚の画像付きで解説」を参考にどうぞ。

人気記事【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法

人気記事【再現性あり】アフィリエイトで月1万円の稼ぎ方9ステップ